入院しました

それは突然に(昼)

里帰り先の病院の先生から電話。

「前回の血液検査の結果に異常が出たので、説明します。」

「高血圧の症状とかない?」

(高血圧の症状が分からんが)多分ないと思うんですけど・・・

「とりあえず明日来て。予約とってね。」

そういえば(夕方)

・・・そういえば、頭痛と吐き気とやたら喉が乾くな・・・・

一応言っておくかということで、再度病院に電話。

そうしたら、「今からこれる?」ということで。

いつもの尿検査、再度血液検査。

結果

「肝臓の数値が悪い」

うちでは診れないので、大きい病院に紹介状書きますね。救急外来窓口に行ってください。

(!?)

おおごとになってきたぞ

というわけで、早速大病院へ。

受付を済ませてもろもろ検査。

やっぱり肝臓の数値が高いのと、血圧も。

風邪をひいていると、肝臓に影響がでることはある。

ひとまず

安静と食事で様子見。

しかし

肝臓の数値は微妙に改善、血圧も多少下がってきた。

が、肝臓の数値の影響で、血液凝固の物質の値がみるみる落ちてきているので、明日出産しますとの主治医の言葉。

血液凝固の物質が減るということは下手すると大量出血ってことです。

流れ

もう、すでに赤ちゃんは降りてきているし、36週だし、自然分娩で産むようにしましょうとのこと。

本当は37週になってから産みたかったけど、このまま様子見では大量出血、母体の方に負担がかかるの可能性があるので厳しいとのこと。

私の異常値も産めば治る可能性が高いそうで。。。

子供はとりあえずNICU行きはほぼ決定です。

1:血液凝固物質を点滴で補給

2:翌日、陣痛の促進剤を点滴で投入し、陣痛を起こす。陣痛が弱い場合は翌日も。ただ、第一子の記録を考慮するとすぐに陣痛がくるのではという痛て。

3:基本は経膣分娩で。急に血圧が上がりすぎるなど異常が出た場合は緊急帝王切開に切り替え。

出産

先に乾燥をいうと・・・めっちゃ痛かった!!!!!

このビックリマークの数よw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください