スポンサーリンク

片耳イヤホン

ガジェット

こっそり(は言い過ぎ?)聞きたい

家族はテレビ見てるが、自分は別に音楽を聴きたいみたいなことがあるじゃないですか。

その時にイヤホンで聞こうとなると思うんですが、カナル型イヤホンだと、家族に声かけられても全然聞こえない&気づかないんですよね。

それはまずいと言うことで・・・。

骨伝導イヤホンを探しました。

骨伝導イヤホンとは

「骨伝導」とは、その名の通り”骨”を通して内耳に直接振動を送り、脳に音を届ける方式です。
通常のイヤホンで音を聴く場合は、音の振動を耳から鼓膜へと伝わり、それを音として脳が認識します。
しかし、骨伝導の場合は頭蓋骨に音の振動を直接伝えることによって、耳や鼓膜を介さずに音を伝えることができます。
装着方法として、骨伝導イヤホンをこめかみに当てて装着し、試聴するスタイルが一般的です。

https://www.e-earphone.jp/ex/contents/feature/4454/bone-conduction-earphone/

しかし、価格帯が気持ちお高め。。。
買えなくはないんだけどさ。。。

自宅用で、かつ、あまりイヤホンそのものがデカくないものが欲しい。
ググれば分かるんですが、骨伝導イヤホンはたたんだりできない物が多くて。

Amazonで「骨伝導 イヤホン」で検索すると、耳掛け式のもヒットしました。

耳掛けなら大きくはないだろうと思い、商品説明やレビューを読んでみると・・・。

実は骨伝導ではない商品が多数!(というか、ほとんどだった

骨伝導だと、両耳でガッツリした作りのものが多いみたいなので…。
がっつり目に付くじゃん??

と言うことは、骨伝導でない耳掛けイヤホンでいいのでは…?となりました。

絞り込むと・・・

「耳掛け式 イヤホン」などで検索し、あまりボタンのないものを中心に候補を絞りました。

音量ボタンがあると、つい耳周りを触ってバレるよねー。

こちらを購入

Amazonで売ってました。まぁ、通販サイトならどこでも売ってると思います。

本当はブラックが欲しかったけど、たまたま在庫がなかったようで。

比較はApple EarPodsです。

片耳イヤホン
片耳イヤホン
充電中。内側で充電口カバーがないので、汗かきの人は辛いかも?
片耳イヤホン
厚さはこんな感じ。5mmくらい。

使用レポ

おおむね満足。

散歩の時も耳を塞がないので良き。

自転車もいけそう。
※住んでいる場所によって自転車でのイヤホンは条例でOKかどうか違うので注意&自己責任で。

不満な点

眼鏡+マスクだと、すぐ取れますww

一応の解決策は、眼鏡のテンプル細め、マスクのゴムも細め・・・でいけることがある。。。
ので、基本、家用ですね。

バレないように買ったので、手を耳に頻繁に当ててたら変じゃん…と言うことで、ボリュームボタンなしのを買ったんですが、ボリュームボタンがあった方が便利です。

あと、耳の形を選ぶかもしれないのも考慮した方がいいかもです。

まとめ

ニッチな商品ですが、おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました